トップページ > クレンジングについてコラム >  確認!正しいクレンジングと選び方

クレンジングに求められる4つの条件

クレンジングに求められる条件は4つあると思っています。

4つの条件を要チェック! 1、しっかり落ちるクレンジング力
2、肌に優しいもの
3、手軽に使えること
4、安いこと

そのなかでも、悩みどころは

注目 しっかり落ちるクレンジング力
注目 肌に優しいもの

この二つの相反する機能のバランスをいかにとるかということです。 クレンジング力と肌へのやさしさは、一方の機能が良ければ、もう一方の機能が劣ると いったようなシーソーの関係にあるんですね。

クレンジング選びとは、この2つの機能のどちらに比重をおくか?ということに尽きます。

≪クレンジング力≫と≪肌へのやさしさ≫のバランス

クレンジング力:肌へのやさしさ ≪クレンジング力≫≪肌へのやさしさ≫

このバランス(比重)は人によって変わりますし、同じ人でも肌の状態やその日の メイクによっても変ってきます。そのため、臨機応変にクレンジングの種類や使い方を 変えるといった工夫があってもいいと思います。

例えば、敏感肌やデリケートな肌の方なら、クレンジング力より肌に優しいことを 重視するでしょうし、仕事がら毎日バッチリ化粧をしている人はクレンジング力を 重視するはずです。

また、皮膚の薄い目元とその他の部分で使い分けるということがあってもいいと 思います。

正しいクレンジングの方法

正しいクレンジング クレンジングのポイントは、「いかに手早く、短い時間で済ませるか」です。

肌に極力負担をかけずに済ませるためには3分~5分以内で済ませたいところです。 時間が長ければ長いほど、肌に負担がかかってしまいますからね。

<※オイルクレンジングの場合>

1. クレンジング剤はケチらず、多めぐらいがいいです。
2. 刺激に強い部分(おでこから鼻にかけてのTゾーン)からつける。
3. 頬の部分まで広げ、メイクをなじませる。
4. 最後に肌が弱い部分(目元や口周り)を洗う。
5. ぬるま湯でしっかりすすぐ。
6. 十分に泡立てた石けんの泡で肌に残っている油分を包み込むように洗う

肌に汚れが残らないよう十分なすすぎを行います。最後の仕上げの洗顔にはオイルの 残りを落としつつ必要な皮脂まで落とさない「アミノ酸」配合の石鹸がおすすめです。

クレンジングの選び方

ノンオイルで選ぶ

「オイル=老いる」というように肌老化や肌への負担が気になる肌、ベタベタした使用感が苦手という方にはノンオイルを選びましょう。

よく落ちる洗浄力で選ぶ

がっつりメイクするという人はオイルじゃないと落ちません。ウォータープルーフのマスカラなんかはオイルじゃないと落ちないですからね。


濡れた手でも使える

時間と手間を減らすためにはお風呂場で使えるものだと便利。疲れて帰ってきたときはお風呂場で洗顔も一緒にできるのでとっても楽ですしね。

価格が安く続けられる

機能に優れているうえ、なおかつ安いということはとっても大事だと思います。トライアルセットだけ安いのはNG。本体価格が安いのがやはり理想です。


おすすめ№1はこれ
Serum Dew
肌へのやさしさとクレンジング力を兼ね備えたNO.1商品!!
Copyright © 2009 クレンジングランキング<もう試した!?人気のメイク落としはコレ!>· All Rights Reserved·